よくあるご質問

いやがらせの手紙が届きました。犯人だと思う相手に分からないようにコップなどを渡して指紋を取るのは有効ですか?

いやがらせの手紙にお困りのこととお察し致します。
相手に物を渡して指紋を採るのは非常に有効です。
指紋を採取する場合は、指紋があまり付いていない新品のものをそのまま触らせるのが一番効果的です。
また、物件を水拭きしたり、指紋が目立つように薄くクリームを塗る方がいらっしゃいますが、検出効果が大幅に落ちてしまいます。
なお、物件を拭く場合は必ず乾いたタオルでお願いします。

文書から指紋を検出した場合、文書にシミができたり、インクが滲んだりしますか?

検出後の物件には、シミが残ることはございません。
しかし、ボールペンで書かれた文字がある場合は、若干ながら画線が滲む場合がございますが、文字が読めなくなったりする事はございません。

自分が押した覚えのない借用書の拇印を鑑定できますか?

鑑定可能です。
この場合の鑑定の進め方は、弊社から指紋押捺専用のスタンプと用紙を貸し出し致しますので、ご本人の左右10本の指を押捺していただき、借用書の指紋と照合致します。
その結果、ご本人の指紋かどうかを判断致します。

大きい物件は、どのように送ればいいですか?

物件は、擦れてしまうと指紋が破壊されてしまう恐れがありますので、ビニール袋に入れていただき、丸めた新聞紙などで動かないように梱包していただければ大丈夫です。

大きい引き出しの取っ手から指紋を検出したいのですが、依頼できますか?

遠方などで直接お持ちいただけない方は、大きい物件でも、宅急便等で送っていただければ対応可能です。
また、引き出しの取り外しが出来ない場合は、我々が現場へお伺い致します。

遠隔地からでも鑑定依頼はできますか?

遠隔地からでも鑑定依頼はできます。
弊社は日本全国から依頼を受けて鑑定を行っており、鑑定物件の受け渡しはなどは郵送していただいております。
ただし、鑑定物件が郵送できない場合は、我々が現場へ出張し、鑑定を行う事もできます。

嫌がらせ手紙の発信者を特定する方法はありますか?

指紋鑑定と筆跡鑑定で特定することができます。
まず、嫌がらせ手紙が手書きの場合は、筆跡鑑定を行うことができます。これは、嫌がらせ手紙に書かれた文字とその疑いがある人の文字を比較して、発信者を特定する方法です。
次に、嫌がらせ手紙が印字されたものであっても指紋鑑定が行えます。これは、嫌がらせ手紙から指紋を検出し、その指紋と疑いのある人の指紋を照合して、発信者を特定する方法です。

指紋が付いてる物件は、どのように扱えば良いですか?

物件の取扱は大きく分けて紙製のものとそれ以外のものに分かれます。
紙製のものは、こすっても指紋が破壊されないので、そのまま封筒に入れておけば大丈夫です。
それ以外のガラス、プラスチック、陶器、ビニール、鉄類などは、こすれると指紋が破壊されてしまうので、ジップロックなどに入れておき、あまり物件を動かさないようにして下さい。
また、物件に触るときは必ず手袋をして下さい。なぜなら、犯人の指紋が付着している所を触ってしまうと、指紋が重なり、鑑定ができなくなってしまいます。

鑑定したい物件は、どのように渡したらいいですか?

郵送でお送り下さい。
もちろん、直接ご来社いただいて鑑定物件をお預かりすることもできますが、弊社から遠い場合は、郵送で送って頂ければ大丈夫です。
到着しましたら、物件を確認しますので、送付する時に、何を何個送ったのかを送付書に明記し、同封して下さい。

指紋鑑定にかかる日数はどのくらいですか?

鑑定書の仕上げ方によって違います。

一般調査鑑定の場合は、2週間頂いております。
裁判提出用鑑定の場合は、3週間頂いております。
精密鑑定の場合は1ヶ月頂いております。

※指紋鑑定の料金や期間の詳細は、こちらをご覧下さい。