裁判所より選任依頼を多数受けております 裁判所より選任依頼を多数受けております
創業21年 累計1,641件の実績 (2021年1月現在) 創業21年 累計1,641件の実績 (2021年1月現在)

SERVICE鑑定サービス

REASON齋藤鑑識証明研究所が
選ばれる
3つの理由

  • 民間の先駆け20年以上の実績

    弊社は、おかげさまで創業21年を迎え、民間の鑑定機関としてはトップクラスの営業年数でございます。長い経験で培われた豊富な知識と技術力、そして民間の先駆けとして礎を築いた実績がございます。

  • 1,600件を超える事例

    弊社は、1,600件を超える累計実績がございます。多くは、嫌がらせ文書の発信者の特定・情報漏洩の原因の特定・契約書や遺言書の真偽の特定などがございます。中には、裁判所からの鑑定依頼や弁護団から鑑定依頼など大きい案件も取り扱ってまいりました。

  • 真実に基づく確かな情報提供

    鑑定とは、重要な物事を決定する力を持っています。それほど我々に課せられた責任は重いものと捉えて、“確かな真実”をお届けすることに努めております。そのため、自信の持てない鑑定結果や根拠の乏しい憶測は行いません。科学的根拠のある鑑定結果のみを報告いたします。

REASON真実をお届けする鑑定人

  • 代表取締役齋 藤  健 吾
    経験年数
    13年
    取り扱い事例件数
    約1,500件(内、共同鑑定件数 約550件)
    講演
    一般社団法人日本調査業協会
    指紋・筆跡鑑定講演株式会社TKC
    法律事務所向けセミナー
    主な鑑定事例
    (1) 東京地方裁判所民事第1部から不当利得返還等請求事件に関し、契約書の指紋鑑定を受託
    (2) 遺言書の真偽が争われた裁判で、弁護士より筆跡鑑定の依頼を受け、本物と判明し、依頼者が勝訴的和解となった
    詳細はこちら
  • 取締役会長齋 藤  保
    経験年数
    52年(警察経験29年、民間経験23年)
    取り扱い事例件数
    約8,240件(警察経験 約7,000件、民間経験 約650件(内、共同鑑定件数 約550件))
    実績
    2013年12月10日 著書「弁護人のための指紋鑑定」を現代人文社から発刊
    主な鑑定事例
    (1) 布川事件(日弁連人権擁護委員会の認定事件)再審請求弁護団から指紋鑑定を受託
    (2) 神戸地方裁判所から交通事故の業務上過失致死に関して、痕跡鑑定命令を受託
    詳細はこちら