よくあるご質問

指紋鑑定にかかる日数はどのくらいですか?

鑑定書の仕上げ方によって違います。

一般調査鑑定の場合は、2週間頂いております。
裁判提出用鑑定の場合は、3週間頂いております。
精密鑑定の場合は1ヶ月頂いております。

※指紋鑑定の料金や期間の詳細は、こちらをご覧下さい。

コピーでも筆跡鑑定はできますか?

筆跡鑑定はできます。
しかし、コピーだと筆圧などの検査などが行えないので、原本鑑定よりも精度が劣ってしまいます。

どんな時に指紋鑑定を頼むのですか?

弊社にご依頼される指紋鑑定のケースは様々ですが、最も多いのは匿名で嫌がらせの文章が送られ、誰が発送したのかを確かめる案件です。
その他には、会社内で現金が盗まれ、物色された形跡がないので、内部の犯行の可能性が高い場合、その人を特定するという案件もあります。このような事例を詳しくまとめたページがございます。

※詳しくは、「指紋鑑定事例」をご覧下さい

どのように指紋鑑定を依頼したら良いのでしょうか?

弊社は直接ご来社を頂かなくても電話、メールから依頼を受けて郵便などで物件のやりとりをして鑑定を行っております。

※鑑定の流れの詳細は、こちらをご覧下さい

なぜ被害者から指紋をとるのですか?

犯人が触った物件から指掌紋を検出したときに、犯人以外に被害者の指掌紋も検出されてしまいますので、それを選別するために指掌紋を提供してもらいます。
これを「協力者指掌紋」と言っております。
そして、検出した指掌紋から被害者などに一致した指掌紋を差し引き、残った指掌紋が犯人のものとなるわけです。

筆跡鑑定にかかる日数はどのくらいですか?

鑑定書の仕上げ方によって違います。

簡易鑑定の場合は、2週間頂いております。
一般調査鑑定の場合も、3週間頂いております。
精密鑑定の場合は、1ヶ月頂いております。

筆跡鑑定の料金や期間の詳細は、こちらをご覧下さい