ブログ

“母は、強し” ≪前半≫

約20年前に埼玉県で発生したとある窃盗事件の犯人として、神奈川県に住む18歳の少年が逮捕されました。
ある朝、自宅に突然埼玉県警の刑事が来て、「話は警察署で聞くから」と言われ、神奈川県から埼玉県に移送されてしまったのです。

取調室では、当初、少年は「僕はやっていない」と一生懸命に否認していましたが、夕方になって刑事から「指紋が合致しているから、何を言っても通じないんだよ」とたたみ込まれました。
その時、少年は、頭の中が真っ白になって混乱し、刑事の問い詰めに「はい。」と返事したため、自白調書が作成されました。

その数日後、母親が面会に来て、
「やっていないなら、やってないと男らしく言いなさい!」
と怒られてから否認に転じたものの、時既に遅し。
何を言っても通じず、一審の埼玉家裁から保護観察処分を言い渡されました。
これは、大人で言えば執行猶予付きの有罪判決といったところです。

そこで、お母さんは考えました。
発生の時間帯には確かに家にいたから、犯人でないことはわかっているが、親ではアリバイの証明にならない。
ならば、有罪の根拠となった「指紋鑑定」 がおかしいのではないか。

さぁ、ここから母の鑑定人探しがはじまりました。
とは言え、どこへ行けば鑑定をしてもらえるのかわからなかったため、“FBIにでも頼むしかないな”、とも思ったそうです。
お困りになって弁護人に相談をした結果、弊社の情報を得たということでした。
まずは隣の栃木県に鑑定人がいたことに、お母様は驚いたそうです。

(続きは、次回更新のブログ記事をご覧ください。)

                    齋藤鑑識証明研究所
                   取締役会長 齋藤 保