指紋の4大原則

指紋にしかない代表的な4つの特性を説明します。このような特性を「指紋の4大特性」と言っています。

(1) 万人不同の原則

指紋は一人一人違っていて、世界中のどこを探しても同じ指紋が存在しないし、遺伝もしないということです。この性質は有名ですね。これの正式な名称は「万人不同の原則」と言います。 また、一人の人は左右合わせて10本の指をもっていますが、そのすべてが違う指紋なのです。

 

(2) 終生不変の原則

人は、生まれもった指紋が一生変わることはありません。 でも、子供から大人へと成長すると共に指が大きくなり、その影響で指紋の大きさは変わりますが、そのまま大きくなるので、指紋の模様自体が変わるわけではないのです。これを「終生不変の原則」と言ってます。

 

(3) 均一走行の原則

指紋を何気なく見てみると、キレイなうずまきに見えませんか?それは、指紋線の間隔が常に等しくなっているからです。間隔がバラバラだったり、指紋線が細くなったり太くなったりする指紋は存在しません。ピシッと整備されているからこそキレイに見えるのです。これを「均一定行の原則」と言っています。また、この名称は弊社が命名して使用しているオリジナルの言葉です。

 

(4) 原型再生の原則

指の皮がむけてしまった場合、しばらくすると再生しますが、実は指紋も、表皮(皮膚の表面)がはがれたり、磨耗したりしても、同じ紋様が自然に再生します。これを「原型再生の原則」と言っています。しかし、表皮を破るほどの深い傷がつけられたり、やけどなどで破壊されると、自然に回復することが不可能となります。この「原型再生の法則」も、当社が命名したオリジナルな言葉です。

 

【こちらのページもぜひご覧ください】