なぜ被害者から指紋をとるの?

犯人が触った物件から指紋を検出したときに、犯人以外に被害者の指紋も検出されてしまいますので、それを選別するために指紋を提供してもらいます。これを「協力者指紋」と言っております。そして、検出した指紋から被害者などに一致した指紋を差し引いて残った指紋が犯人のものとなるわけです。