よくあるご質問

雑誌の切り抜き文字が貼られた手紙が届きました。犯人を特定する方法はありますか?

この場合は、指紋鑑定が有効です。
雑誌を切ったり貼ったりしていることから、かなり多く触っているので、犯人の指紋が残っている可能性が高いです。

指紋検出した紙幣は使用できますか?

銀行で交換することをお勧めします。
指紋検出した紙幣は、検出薬品の影響で、ほんのわずかに縮んでいます。そのため、その紙幣を使うと厳密には紙幣変造になってしまいますので、銀行で新しい紙幣と交換して下さい。

自動車のハンドルから指紋は採れますか?

使い古されていなければ指紋は採れます。
ハンドルは指紋が採れやすいのですが、使い古されていると表面に手の油の膜が張り、検出薬品が過剰に反応してしまい、指紋が採れない場合があります。
自動車では、シフトレバーやカーナビ、ドアノブ、ルームミラーなどのほうがよく採れます。

硬貨から指紋は採れますか?

指紋は採れます。
しかし、硬貨は凹凸があるので、ある程度強く握らないと指紋が残りにくいです。

指紋は、全体ではなく一部からでも、鑑定できますか?

指紋は一部でも鑑定はできます。
目安としては指の3分の1の面積があれば鑑定が可能です。

指紋は、凸凹しているところからでも採取出来ますか?

凹凸具合によります。
触ったときに凸凹の中に皮膚が接触しているならば、指紋は検出されますが、凹凸が深く、皮膚が触れていないと指紋線が寸断されて鑑定できる指紋ではなくなってしまいます。

いやがらせの手紙が届きました。犯人だと思う相手に分からないようにコップなどを渡して指紋を取るのは有効ですか?

いやがらせの手紙にお困りのこととお察し致します。
相手に物を渡して指紋を採るのは非常に有効です。
指紋を採取する場合は、指紋があまり付いていない新品のものをそのまま触らせるのが一番効果的です。
また、物件を水拭きしたり、指紋が目立つように薄くクリームを塗る方がいらっしゃいますが、検出効果が大幅に落ちてしまいます。
なお、物件を拭く場合は必ず乾いたタオルでお願いします。

文書から指紋を検出した場合、文書にシミができたり、インクが滲んだりしますか?

検出後の物件には、シミが残ることはございません。
しかし、ボールペンで書かれた文字がある場合は、若干ながら画線が滲む場合がございますが、文字が読めなくなったりする事はございません。

数年前に書かれた手紙から、指紋の検出は可能ですか?

紙の場合であれば、一般的に10年間は指紋が残りますので検出は可能です。
ただし、直射日光があたる場所や湿度が高い場所で保管されていた場合は、指紋が消滅してしまっている可能性があります。
しかし、机の引き出しにしまってあるというような通常の保管方法でしたら問題ありません。

擦れている指紋でも鑑定はできますか?

擦れていても、パソコン上で指紋画像を拡大して色の濃淡を強調するなどの画像処理をおこなえば鑑定可能になる場合もございます。