よくあるご質問

足の指にも指紋はありますか?

足の指にも指紋はあります。これを「足紋(そくもん)」と呼んでいます。
さらに、指だけではなく、足の裏全体に同じような紋様があって、どちらも指紋と同じく人物の特定ができます。

手が震えた状態で書かれた遺言書があります。筆跡鑑定はできますか?

高齢や病気などで震えた文字の遺言書はよく依頼を受けます。
その震えの程度によりますが、鑑定できます。
この場合は文字の形よりも、誤字・誤用・筆順・文字と文字の間隔の空き具合などの検査をおこないます。

割り箸から指紋は採れますか?

指紋は採れます。
しかし、割り箸は、面積が狭いので、人を特定できるほど綺麗な指紋が採れる可能性は低いです。

雑誌の切り抜き文字が貼られた手紙が届きました。犯人を特定する方法はありますか?

この場合は、指紋鑑定が有効です。
雑誌を切ったり貼ったりしていることから、かなり多く触っているので、犯人の指紋が残っている可能性が高いです。

指紋検出した紙幣は使用できますか?

銀行で交換することをお勧めします。
指紋検出した紙幣は、検出薬品の影響で、ほんのわずかに縮んでいます。そのため、その紙幣を使うと厳密には紙幣変造になってしまいますので、銀行で新しい紙幣と交換して下さい。

足跡が雪面に残っていたので写真を撮りました。鑑定できますか?

鑑定できます。
しかし、撮影する時に、足跡を斜めから撮ってしまうと画像が歪んでしまって鑑定ができません。
真上から撮った写真なら問題なく鑑定できます。

意図的に真似た文字でも、筆跡鑑定できますか?

鑑定できます。
意図的に真似た文字は、形が似ていて当然です。このような場合は、筆圧を見るのが有効です。
文字を真似る時は、模倣をすることに意識がとられて筆が止まったり、細かく震えたりするので、不自然な筆圧になります。

自動車のハンドルから指紋は採れますか?

使い古されていなければ指紋は採れます。
ハンドルは指紋が採れやすいのですが、使い古されていると表面に手の油の膜が張り、検出薬品が過剰に反応してしまい、指紋が採れない場合があります。
自動車では、シフトレバーやカーナビ、ドアノブ、ルームミラーなどのほうがよく採れます。

硬貨から指紋は採れますか?

指紋は採れます。
しかし、硬貨は凹凸があるので、ある程度強く握らないと指紋が残りにくいです。

指紋は、全体ではなく一部からでも、鑑定できますか?

指紋は一部でも鑑定はできます。
目安としては指の3分の1の面積があれば鑑定が可能です。