埼玉県窃盗事件

1.事件の概要

 2000(平成12)年3月25日に、埼玉県郊外の建築会社の2階建て事務所の出入り口ドアがこじ開けられ、パソコンやプリンターなど5点(時価43万円相当)が盗まれた。

建設会社から被害届け出を受けた警察は、直ちに、鑑識係、刑事課員が現場に急行して証拠資料の採取活動や実況見分、写真撮影などを実施した。すると、鑑識係が事務所の入り口ドアの外側から指紋1個を採取した。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


2.犯人の割り出し

 早速、現場から採取した指紋と警察に登録されている前科者の指紋を照合すると、神奈川県に住む少年の指紋と一致した。少年は、以前にバイクを盗んだ疑いで検挙された際、指紋が登録されていた。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


3.少年の逮捕と取調べ

 警察署では、早速、建設現場の責任者にその少年が正当な理由(郵便配達員や友人、知人など)で現場出入りしているかどうかの確認をとったら、犯行現場に正当な理由で出入りしたことはなかった。

つまり、犯行現場に少年の指紋が付くはずがないところ、外側ドアから指紋が採取されたので、窃盗をしたときの指紋であると判断した。その後、警察署では、少年の逮捕令状と自宅の捜索差押許可令状の発付を受け、少年の逮捕に向かった。警察は、少年に対して神奈川県の自宅から埼玉県の入間署まで同行を求め、警察車両で埼玉県の所轄署に直行した。

少年は、警察の取り調べに対し、最初、罪を否認をしていた。しかし、指紋が合致している鑑定書を突きつけられて、逃れるすべがなく、早く取調室から出たいとの思いから、取調官に対し、「自分がやりました」と自白した。

その4日後に母親が面会にやってきた。その時に少年は「本当はやってないんだ」と打ち明けた。すると、母親は「やっていないならはっきり言いなさい」と叱責して、少年は検察官に「自白は、全部うそです」と否認をしたのである。だが、ときは既に遅し、一度自白をするといくら否定しても誰も信用などしてもらえなかった。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


4.一審有罪判決

 その後、家庭裁判所に移送された少年は、鑑別所に移管されて、少年審判が開始された。少年は罪を否認していたが、家庭裁判所の判決は保護観察の処分であった。これを成人に例えれば、さしずめ執行猶予付の有罪判決といったところである。

これに対して少年と弁護人は、保護観察処分を不服として東京高等裁判所に抗告した。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


5.鑑定依頼と証拠品撮影

 当研究所に鑑定依頼が来たのは、このときだった。依頼弁護人と当研究所の接点は、約1年前に電話帳から抜粋して、東京・神奈川の弁護士事務所に送付したダイレクトメールがきっかけであった。

弁護人から電話による鑑定依頼の後、数日して弁護人事務所から書留で指紋鑑定書のコピーが届いた。

指紋鑑定書は、現場指紋と少年の指紋が一致すると書かれ、その写真まで付けられていた。しかし、指紋の写真をよく見ると、指紋線の流れる方向がどうも一致しないので、もしかして、この指紋は一致しないのではないかと思った。

そこで、事の重大性からして鑑定書の原本を見て判断することにした。このとき、原本は、東京高裁にあったので、早速弁護人に対して「原本を見てからでないと最終判断は出せない。しかし、どうも一致しなそう」と回答した。

数日後、依頼弁護人は、東京高裁で資料閲覧の許可を取得したので、資料閲覧室前に向かった。後日、詳細に検討するため、早速、持参したカメラで添付写真を余すことなく撮影して閲覧を完了した。

同じ日に、少年本人から指紋を直接確認したかったので、本人を東京に呼んでいた。早速、本人の指紋を確認すると、現場指紋と少年の指紋に決定的な違いとなる相違点をいくつか発見した。その相違点とは、指紋線の形が違うところや、指の第一関節のシワの位置が違っていた。

早速、これらの相違点を鑑定書にまとめて弁護人に提出した。その後、鑑定書は弁護人から東京高裁に提出された。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


6.東京高裁の決定

 鑑定書の提出を受けた東京高裁は、自白と指紋合致鑑定書に「重大な事実誤認がある」として、原決定を取消し、一審の横浜家裁川崎支部に差戻しの決定をした。

この決定は、鑑定書を証拠としてから、たったの8日間で出されたので、担当弁護人から連絡をもらった時は、さすがに驚いた。また、この異例の早さは、裁判所も警察の指紋鑑定に疑問を持っていたのではないかと思った。

このとき、突然、埼玉県警察本部は、指紋鑑定ミスから18歳少年を誤認逮捕したという記者会見をした。さらに、所轄警察署長はその前夜、少年の両親へ謝罪の電話を入れたということであった。私には、知人の新聞記者から夕方6時のNHKニュースで流れているという電話があり、その翌日に新聞各紙は非常に珍しい事態だと言うことで一斉に報道した。

2001年2月1日、横浜家裁川崎支部で不処分(成人でいう無罪の意味)の最終決定が出され、少年は晴れて無実が認められた。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


7.少年のお礼

 無罪判決を受けたその日の夜、一言お礼が言いたかったとのことで、少年からお礼の電話が入った。少年は、恥ずかしかったのか、ボソボソっと「ありがとうございました」と言った。

その言葉に我々は、うれしくなり、また、少年は無実の罪で逮捕されたのにもかかわらず、心がひねくれている様子でもなかったから安心しました。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


関連する事例