名古屋窃盗否認事件

1.事件の概要

 1999(平成11)年7月26日午前10時ごろ、名古屋市内の住宅街において民家の掃き出し窓から侵入し、一階の寝室にある化粧鏡台の引き出しから現金約45万円を窃取したという窃盗事件が発生した。

被害者は、直ちに警察署へ届け出たところ、警察署の刑事や鑑識係がすぐに来て捜査を開始した。そして被害現場の指紋検出活動をして、化粧鏡台の引き出しから指紋を採取した。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


2.犯人の割り出し

 採取した現場指紋の中から犯人を割り出すため鑑識課で指紋自動識別システムに照会したところ、名古屋市内に住むAさんが該当した。

Aさん(33歳)は、少年の頃、道路交通法違反で検挙されたことがあったため、警察に指紋が保管されていたのである。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


3.突然の逮捕と心の葛藤

 1999(平成11)年7月30日、午前7時半ごろ、自宅において、Aさんは捜査官に突然逮捕令状を示されて逮捕された。

玄関先で手錠をかけられたAさんは、全く身に憶えが無いので、戸惑いながらも、ここで騒いでも近所のうわさになるばかりだろうと思い、話せばわかるはずだからと自分に言い聞かせて警察署に連行されたという。

その後、身に憶えが無い罪の自白を攻め立てられたが、ここで認めてしまうと妻や子どもなど家族、親族の汚名ともなってしまい、それは死んでも耐えられないとの思いがあり、どんなに責め立てられても自白はしなかったという。

そして、Aさんは逮捕から3日後、当番弁護士に依頼して何とか疑いを晴らそうとした。

 

写真

               ※ 写真はイメージです。

 


4.必死の思い出し

 とんでもないことになってしまったと感じたAさんは、どうして自分の指紋が被害者宅にあったのか、必死の思いで弁護人とともに思い出そうとしていた。そのためには、被害者宅の住所がどこかを知る必要があり、弁護人に被害者名とその住所を調べて貰った。しかし、被害者の場所と名前を聞いても思い出せなかった。

そこで、Aさんはエアコン設置業をしていたので、その仕事をした家かもしれないと思い、弁護人に対して「親方に聞いてもらえば、工事日報など関係書類が残っているかもしれない。問い合わせをしてほしい」と言った。

急遽、弁護人は、Aさんの当時勤務先に問い合わせをすると、被害者宅で3年前にエアコン工事に行っていることがわかり、それを示した工事日報が残されていた。弁護人は、早速、入手した工事日報をAさんに見せたところ、記憶がよみがえり、被害者宅でエアコンの設置工事の時に化粧鏡台を動かした事を思いだした。

Aさんは取調官と検察官に対して、自分の指紋はエアコンの設置工事の際に化粧鏡台を動かした時に付いたものだと主張した。

しかし、警察署は、「事件発生から3年前の指紋などは、残るはずがない」といって現場指紋の合致を唯一の証拠として送致し、検察官もそのまま起訴してしまったのである。

 

写真

               ※ 写真はイメージです。

 


5.鑑定依頼

 1999(平成11)年9月17日に名古屋地方裁判所にて第一審が開始された。最も争点となったのは、やはり鏡台に付着したAさんの指紋はいつ付いたかということであった。

丁度その時、この事件をテレビ局が取材していて、その記者から当研究所に鑑定取材の相談があった。今回の鑑定は、化粧鏡台に付いた指紋がエアコン設置工事の時に付いたのか、窃盗の時ついたのかを、特定することが求められている。

そこで思いついたのが、指紋の圧力である。窃盗の時は化粧鏡台からお金の盗み出すために、引き出しを開閉するだけだから、そんなに力はいらない。それに対して、エアコン設置工事は化粧鏡台を動かすから、指に相当の圧力がかかる。指に圧力がかかれば、指紋線は潰れて、線が太くなるので、この習性を利用すれば化粧鏡台の指紋がどの位の強さで付着したのかが分かる。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


6.指紋押圧力推定の実験

 早速、本人の協力を得て実験をした。実験方法は用紙に120g、500g、1㎏、2㎏、3㎏、4㎏、5㎏、6㎏と圧力を変えながら一つ一つ押していって、現場指紋と同じような線の太さが現れる圧力を探しだ。

すると、3㎏~4㎏で指紋を押したときに化粧鏡台の指紋線と同じ太さになったので、化粧鏡台に付いた指紋は3~4㎏の力で押したときの指紋であることがわかった。

人が日常で物に触るときは、概ね200g~300gなので、3~4㎏は相当な圧力ということがわかる。なので、化粧鏡台の指紋は引き出しを開閉するときではなくて、化粧鏡台を動かす時に付いた指紋であると判断した。

この実験結果を、テレビ局に伝えてそこから担当の弁護人にも伝えたられた。

 

写真


7.無罪判決

 2002(平成14)年3月12日に無罪判決が言い渡された。Aさんと弁護人は、さぞ安堵と喜びをかみしめただろう。そして、控訴期限前日の2002年3月25日、検察官は控訴断念の記者会見をして無罪が確定した。

主任弁護人に早速お祝いの電話を入れたところ、「判決公判での検察官の剣幕から推察して、控訴もあり得ると心配していたが、それでも無罪になって安心した」と喜びは隠さなかった。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


関連する事例