筆跡鑑定

テレビなどで時折取り上げられている筆跡鑑定は、どのように鑑定をしているのか、また、どのような時に筆跡鑑定が必要となさているかなどはあまり知られていないように思います。
ここでは、そんな筆跡鑑定の概要をご紹介します。

ご依頼により筆跡鑑定が行われたケース

  • 契約書に自分の名前が書いてあるが、その契約書に署名をした憶えが無い。本当に自分が書いたかどうかを鑑定してほしい。
  • おじいちゃんが亡くなって遺言書が発見されたけど、文字を見ると、どうもおじいちゃんの字ではない気がする。鑑定をしておじいちゃんが書いたのかどうかを確認したい。
  • ご近所トラブルがあってから、毎回、自分の家に嫌がらせの手紙が届いて困っている。誰が手紙を送って来るのかをはっきりさせたい。

 

このように、筆跡鑑定のご依頼は、日常的のトラブルが発端になるケースが多いのです。 それは、人が日常的に字を書き、書類を作ったり、サインをしたりしているため、その文字を巡って争いが生じる事が多いからです。

※その他、詳しい鑑定事例こちらをご覧下さい → 筆跡鑑定事例

 

なぜ筆跡で個人が特定できるのか?

文字には筆記個性があります。人は小学校などで文字を初めて習う時は、同じ見本をなぞって練習し、その後、覚えた文字は自分の書きやすいようにアレンジされていきます。そして長年の間、無意識に繰り返し書かれるようになり、筆記個性となるのです。

しかし、筆記個性は唯一無二ではありません。人が違っていても同じ筆記個性を持っている場合があります。そのため、一つの筆記個性が一致しているだけでは判断せずに、あらゆる検査をし、多くの筆記個性が一致して、偶然性を十分に排除してから判断をしています。

筆跡の検査方法

では、人の書いた文字をどのような方法で判別しているのか。その検査方法は実に様々なものがあります。ここでは主な検査方法をご紹介します。

主な検査方法

1.字画検査

※ 字画検査の詳細はこちらをご覧下さい → 字画検査

2.筆圧検査

※ 筆圧検査の詳細はこちらをご覧下さい → 筆圧検査

3.偽筆検査

※ 偽筆検査の詳細はこちらをご覧下さい → 偽筆検査

4.筆順検査

※ 筆順検査の詳細はこちらをご覧下さい → 筆順検査

5.配字検査

※ 配字検査の詳細はこちらをご覧下さい → 配字検査