嫌がらせの手紙が届きました。警察は捜査してくれますか?

何らかの被害や嫌がらせを受けたとき、大半の方が警察署で犯人を捜し出してほしいと考えるものです。
警察署では、届けられた嫌がらせ手紙の内容から罪悪性がどの程度あるかを見て判断しているようです。たとえば、手紙の中に“殺す(命はない)”“火をつける”“痛めつける”等の身体に危害を加えることが予測できれば捜査をしてくますが、“バカ”“出て行け”“死ね”などの誹謗中傷をする程度では積極的に捜査してくれないようです。

そうすると、手紙の内容によって捜査をしてくれるかどうかは分かれますが、警察署では不審者や地域の犯罪の情報が集まっていますから、相談に行かれることが最善に思います。

お気軽にご質問ください

当ページをご覧になって疑問に感じたことや質問がございましたら下記のフォームからお気軽にご質問ください。