現場痕跡鑑定の流れ

現場痕跡鑑定のご依頼にあたり、ご相談から鑑定書のお渡しまでを手順にそってご説明してまいります。
また、遠方により来社できない方からのご依頼の場合は、右側から鑑定依頼書を印刷して必要事項をご記入の上、鑑定に使用する物件とともに送付して下さい。

現場痕跡鑑定の流れ

鑑定の流れ3_03①ご依頼

まずは、ご依頼者様がどのような案件で困っているのかを伺います。次に、その案件の鑑定で明らかにしたい部分を定めます。例えば、空き巣だったら、どこから進入して、どこを物色して、どこから逃げたのかなどです。

また、指紋鑑定をした結果を裁判所に提出するのか、社内や身内に見せるのか、自分自身が事実を把握したいのかをお伺いします。それによって値段が違ってくるのです。この時、鑑定に費用や期間などを提示いたします。

②痕跡形状・個数・位置の確認

[現場の確保]
現場痕跡はなんといっても現場が命です。その時に何が起こったかを判断する材料は全て現場にあります。まず、現場がそのままで状態で残っていることがベストです。

[物件の確保]
掃除するなどして現場が残っていない場合は、現場に残されていた物が必要です。どんな些細なものでも役に立つかもしれませんので、物件があれば全てお預かりします。

[写真の確保]
現場も物件も残っていない場合は、事件当時の現場の写真が必要となります。これも数があればあるほど良いです。しかし、現場も物件も写真もない時は残念ながら鑑定不能となってしまいます。

③痕跡方向・痕跡器具・痕跡分布の検査

現場・物件・写真に残された各種の痕跡を検査いたします。検査内容は、どんな痕跡か、どこの位置にあるか、いくつあるか、どの方向からついた痕跡か、どのような道具で出来た痕跡か、などでございます。

④出現経過の解明

前記の検査から判明した痕跡から、現場でどのようなことが行われたのかを判断し、その結果をご依頼者様にご報告します。

⑤鑑定書作成

鑑定結果やその結果に至った経過を写真などを使って分かりやすく鑑定書にまとめます。

⑥鑑定書のお渡し

鑑定結果をご説明して、作成した鑑定書をお渡しします。また、お預かりしていた物件も全てお返しします。その後、わからない事やご相談したい事があれば、お気軽にご連絡下さい。