指紋鑑定付き遺言書作成の流れ

指紋鑑定付き遺言書は、自筆証書遺言を確実に本人によって書かれたと証明するものです。では、どのようにして自筆証書遺言が本人によって書かれた証明するのか、その手順をご説明します。

指紋鑑定付き遺言書作成の流れ

鑑定の流れ4_03①ご依頼

弊社にご来社していただき、指紋鑑定付き遺言書のご説明をいたします。
ご納得いただけましたら、正式にご依頼をお受けします。

②依頼人が遺言書に指紋を押す

遺言書の名前の下に印鑑を押し、自分の指紋も押していただきます。なお、 指紋鑑定付き遺言書に使用するのは、自筆証書遺言に限ります。

③依頼人指紋の採取

次に、遺言者本人の指紋を別の紙に押します。なぜ、このように指紋を残すかというと、遺言書に押された指紋が本人のものだと明らかにするには、 本人の指紋と一致することを証明しなければならないためです。

④鑑定書を作成

最後に鑑定書を作成します。この鑑定書の内容は、遺言書に押された指紋は本人の指紋というものです。 これを、必ず遺言書と鑑定書をセットで保管しておいて下さい。

⑤鑑定書のお渡し

遺言書と鑑定書をお渡しします。その後、わからない事やご相談したい事があれば、お気軽にご連絡下さい。

後日、遺言書の内容変更を希望される場合は、基本的に日付が新しいものが優先されるため、新しい遺言書を作成するのが理想的です。 また、新しく作成した遺言書にも鑑定書を作成し、一緒に保管しておくのが良いでしょう。

【こちらのページもぜひご覧ください】