遺言書の種類

まずは、遺言書の種類についてご説明します。一言に遺言書といっても、その種類は3つあります。

遺言書の種類

  1. 自筆証書遺言
    遺言者本人が相続の内容を紙に書いて、本人が保管しておくもの。
  2. 公正証書遺言
    公証役場で作成するもの。公証人に遺言の内容を口述して、それを書いて貰う。
  3. 秘密証書遺言
    自分で書いたものを公証役場に持って行き、公証人に封印してもらったもの。

 

今回の指紋鑑定付き遺言書で使うのは、自筆証書遺言です。現在、作成されている遺言書は この自筆証書遺言がほとんどです。では、その詳しい説明をします。

自筆証書遺言

3遺言書の写真

自筆証書遺言とは、自分で作成して、保管しておくものです。 皆さんが遺言書と聞いて始めに連想されるものですね。 右側は自筆証書遺言書のサンプルです。これを書くために、 いくつかの法的条件を満たす必要があります。

 

自分で書くこと

日付を入れること

名前を入れること

押印があること

 

これらの要件が揃って、あとは相続したい内容を箇条書きで書き込めば自筆証書遺言書が出来上がります。

では、残された相続人はこの遺言書の内容に従わなければならないかというと、そうではありません。 相続人全員が話し合って、みんなが納得する内容ならば、遺言書の内容と違っていても構いません。 その時に作成されるのが「遺産分割協議書」です。その他にも、相続に関する条件や決まりが沢山あるのですが、ここでは省略致します。