指紋鑑定付き遺言書

現在、私どもが取り組んでおります鑑定事例のうち、特に依頼件数が多い案件は、遺言書の真偽をめぐる争いです。 現在、遺言書の真偽が争われた場合、偽物か本物かを見分ける方法は筆跡鑑定しかありませんでした。

しかし、筆跡鑑定では、費用と時間がかかり、また、筆跡の状態や資料が確保できない場合は鑑定が行えません。

指紋鑑定付き遺言書の概要

現在、私どもが取り組んでおります鑑定事例のうち、特に依頼件数が多い案件は、遺言書の真偽をめぐる争いです。 現在、遺言書の真偽が争われた場合、偽物か本物かを見分ける方法は筆跡鑑定しかありませんでした。

しかし、筆跡鑑定では、費用と時間がかかり、また、筆跡の状態や資料が確保できない場合は鑑定が行えません。

指紋鑑定付き遺言書とは

そこで、このような相続争いが起こらないよう、解決策は何かないかと考えましたところ、遺言書の真正証明に“指紋”を活用した制度を思い付きました。

これは、例えるならば、宝石類が鑑定書付きで市場に流通されているように、遺言書を作成した場合も、 そこに指紋鑑定書を添付し、争いが起きることのないようにするといった方法です。