筆跡鑑定の歩み

人によって異なる筆跡を複数の資料を基に比較検討し、それを書いた筆者が同一人物か否かを判断できる「筆跡鑑定」。筆跡鑑定の知識や技術を活かすことで、社会で起きる様々なトラブルを解決へと導くことができます。そんな筆跡鑑定がどのような歴史を歩んできたのか、ご存知の方は少ないと思います。こちらでは筆跡鑑定の歩みをご紹介いたします。

筆跡鑑定のはじまりは古代ローマ時代

現代の筆跡鑑定の原型となるものは、古代ローマ時代に初めて行われたと言われています。古代ローマ時代、共和制の崩壊によって人々の間に混乱が生まれました。混乱に生じて公文書や権利書などの偽造が、役人の間で行われるようになります。このような悪行を防ぐために、初代ローマ皇帝が筆跡の識別を試みたと伝えられています。

日本の筆跡鑑定の起源

日本での筆跡鑑定のはじまりを辿ると、平安時代まで遡ります。当時は、美術品に施された芸術家たちの真偽鑑定などを中心に行っていたので、筆記鑑定と言っても現在のような科学的な要素を含んだものではなく、鑑定人の眼力に頼った主観的な要素が大きいものでした。

しかし、1890年代に入り裁判制度が確立されて筆跡鑑定が必要とされると、鑑定人の主観による結果では済まされなくなりました。そのため、科学的な分析が発展して客観的に識別できるような調査方法が研究されていきます。

現代の筆跡鑑定

人は、一生の間に数え切れないほどの文字を書き、頻度の高いものほど筆癖が生じやすくなります。個々が育った環境により性格や価値観が異なってくるのと同じように、筆跡も一人ひとり差が出てくるものです。現在では、その筆癖を鑑定人のスキルや科学的な分析によって判別できるようになり、裁判でも多く利用されるようになりました。

ただ、筆跡においては酷似している筆癖を持つ別人もいますし、同一人物であっても状況に応じて筆癖が変わるケースもありますので、基となる鑑定資料の文字数が豊富で対照資料が複数あると筆跡鑑定の精度は高まります。