偽筆検査

偽筆とは、他人が特定の人物の文字を真似て書いた文字を指します。
筆跡鑑定では、契約書や遺言書に書かれた署名が、本人のものなのか、他人が真似て書いたのかどうか確認したいという依頼が非常に多いです。そうした依頼を受けた際に使われるのが偽筆検査です。

偽筆検査の方法

他人によって書かれた文字は、細かな画線の震え、筆継ぎ、筆の止まりなど不自然な形が文字に表れます。
また、文字全体を見ても、調和がとれていなかったり、筆記特徴にばらつきが有るなどの現象が表れます。
このような不自然な箇所から、他人によって書かれた文字かどうかを識別するのが、偽筆検査です。

偽筆のやり方

偽筆のやり方

契約書や遺言書に書かれた署名を他人が真似て書いたのかどうか確認するために偽筆検査を行います。他人が誰かの文字を真似ようとすると、以下の3つの方法があります。

偽筆を作成する方法

1.臨書
模倣したい人の文字をお手本として見ながら真似る方法
2.骨書
模倣したい人の文字をあらかじめ鉛筆などで薄く書いておいて、後からそれをなぞって、下書きを消す方法
3.透写
模倣しいた人の文字の上に紙を重ねて、書き写す方法

そもそも、偽筆というのは、「誰かの文字を真似て手書きで紙などに書く」という限られた条件になりますので、ほとんどの場合は、上の表で紹介した3種類しかありません。