指紋の基礎知識

指紋は、刑事ドラマなどで指紋鑑定として多く取り上げられる場面があり、興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?ここでは指紋に関する基礎知識をご紹介します。

「終生不変」であり「万人不同」である

指先に細く浮き上がった線(指紋線)によりできる紋様、もしくは指紋線の紋様が物体の表面に付着した跡のことを「指紋」と呼んでいます。指紋はお腹の中にいる時から作られ、指紋線が作り出している紋様は人それぞれ異なり、一生変わることはありません。これを「終生不変」と言っています。また、二つとして同じものは存在しない「万人不同」としても知られています。

※「終生不変」・「万人不同」の詳しい説明については、こちらをご覧下さい。

 

指紋の役割

指紋は指紋線があることで触れた物体と皮膚の間に摩擦が発生し、滑らずに指先で物をつかんだり持ち上げたりすることができます。また、触れた物の重さ、冷たさ、材質などを瞬時に脳に伝達するセンサーのような役割を果たしています。

 

皮膚にはいくつもの汗腺があり、常に微量の汗が出ています。その影響により指先や手が触れた物体に指紋の痕跡がつき、脂肪(油分)が混ざっているので、指紋は消えずに残っています。

人の身体の毛が生えている部分(顔・首・腕・足など)から出る汗に微量の脂肪分が含まれていますが、掌や足の裏からでる汗には油分が含まれていません。人は本能的に手で身体を触り異変がないかを確認しているので、いつの間にか指先に脂肪分が付着していて、その油分が保存剤の役割を果たしているため、指先や手で触れた物体には、くっきりと指紋がいつまでも残っているのです。

【こちらのページもぜひご覧ください】