指紋鑑定の方法

例え、事件現場から指紋を検出しても、指紋には人の名前が書いてある訳ではないので、犯人の特定ができません。、そのためには、容疑者の指紋を確保して照合しなければならず、その作業を「鑑定」と読んでいます。ここでは、指紋を識別するための方法を紹介します。

指紋鑑定の種類

指紋の鑑定方法は、3種類あります。その内容は以下のようなものです。

  1. 汗腺口鑑定
    指には、汗がででくる汗腺口が無数にあります。その配置を比べて間隔が一致するのかどうかを見極めます。
  2. 隆線縁鑑定
    指紋線は機会的に一定の太さではなく、ごくわずかに太くなったり、細くなったりします。その部分を鑑定して指紋が一致するかどうかを見極めます。
  3. 特徴点鑑定
    指紋線は1本の線が2本に分岐したり、2本が1本に合流したり、線が止まったり、始まったりします。 そのような箇所の配置を比べて指紋が一致するかどうかを見極めます。

実は、世界で実施されている鑑定方法は特徴点鑑定がほとんどです。一般にドラマでは指紋同士を重ね合わせるのが見られますが、現実にはこの方法は実施されていません。

その理由は、指の表面は柔らかいため、押圧力の加減によっても伸縮するし、子供時代と大人では大きさも異なるので重ね合わせてぴったり一致するとは限らないからです。むしろ、ぴったり一致した時は、偽造指紋の疑いを持って鑑定する必要があります。