遺言書の種類はどのようなものがあるの?

遺言書は自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

自筆証書遺言・・・・遺言者本人が相続の内容を紙に書いて、本人で保管しておくものです。一般的に皆さんが想像する遺言書は、これにあたります。

公正証書遺言・・・・公証役場で作成するもの。公証人に遺言の内容を口述して、それを書いて貰うものです。

秘密証書遺言・・・・自分で書いたものを公証役場に持って行き、公証人に封印してもらうものです。過去の記録を見ると、これを作成する方は非常に少ないです。

さらに遺言書に種類に関する詳細は、こちらをご覧下さい

お気軽にご質問ください

当ページをご覧になって疑問に感じたことや質問がございましたら下記のフォームからお気軽にご質問ください。