筆跡鑑定の方法はどんなものがありますか?

筆跡鑑定では、以下のような様々な方法で筆記者を特定しています。

1.字画検査・・・文字の一画一画の形や長さ、止まり、転折部分の形などを細かく検査する方法です。

2.筆圧検査・・・文字の中で力を入れる箇所や力を抜く箇所を把握し、個人の識別をする方法です。

3.偽筆検査・・・画線の震え、画の継ぎ足し、筆の止まりなど不自然な痕跡を検査する方法です。

4.筆順検査・・・文字の筆順を比較して、同じであるかどうかを識別する方法です。

5.配字検査・・・文字の大きさ、書く位置、文字の間隔などを比較して識別する方法です。

 

※ 詳しくは「筆跡鑑定の概要」をご覧下さい。

お気軽にご質問ください

当ページをご覧になって疑問に感じたことや質問がございましたら下記のフォームからお気軽にご質問ください。