筆記時期がはなれているものでも鑑定はできますか?

基本的として10年までなら鑑定が可能です。

人は年数が経過すると筆跡が変化しますので、10年以内を鑑定可能としています。しかし、学生や初就職の時期は筆跡の変動が激しいので、10年以内であっても鑑定ができない場合があります。