齋藤保の略歴

tamotu

鑑定人
齋藤 保(さいとう たもつ)
1946年7月4日生

略歴

昭和40年4月 栃木県職員(警察事務職員)として栃木県警察本部刑事部鑑識課指紋係を任命される
昭和45年4月 栃木県日光警察署鑑識係を任命され、第一線署で現場指紋採取等鑑識全般に従事。その間、関東管区警察学校の写真専科に入校し、特殊撮影等の技術を習得
昭和48年4月 再び、栃木県警察本部刑事部鑑識課指紋係を任命され、以来平成 6年4月まで一貫して指紋鑑定業務に従事。その間、東北管区警察学校において指紋鑑定専科に入校して基本的技術を習得し、その後に設立された警察庁科学警察研究所において法科学研修の指紋専攻科に入所して高度な鑑定技術を習得。実務においては、数多くの重要凶悪事件に現場臨場して採証活動、現場鑑定や指導を行う
平成6年4月 希望により、栃木県警察本部交通管制センターへ転勤する
平成8年3月 同交通管制センター運用係長を最後に退職
平成9年6月 指紋鑑定を開業。開業と同時に、「指紋鑑定士」を名のる
平成19年3月 平成14年から現在まで筆跡鑑定の研究に従事し、文献、鑑定実例を分析研究し、活動を始める。形状鑑定の一環として科学的な分析、データの分析に基づく鑑定を励行
平成19年8月 株式会社齋藤鑑識証明研究所に組織変更し、本社を移転する。19年4月より「指紋鑑定士」から鑑定内容に照らして改め、「鑑識鑑定士」を名のる

鑑定実績

犯罪鑑識経験年数 29年間 (内訳 指紋基礎2年、指紋鑑定24年、警察署鑑識全般3年)
警察指紋鑑定件数 約7,000件

執筆活動

平成3年1月〜平成5年4月 「季刊・刑事弁護」に指紋鑑識を中心とした「犯罪鑑識」を7回連載
平成25年12月 「弁護士のための指紋鑑定」を発刊