鑑定人の心模様

2019.04.16 事務員は“鑑た”(みた)

【法改正】遺言書の書き方が変わります。

こんにちは!村井文子です。 清々しく晴れた日、本社前に咲く桜を撮影してみました。 白山神社、境内の一角にある古木です。 殊に闇夜の中、シーン・・と、ライトアップされた 艶やかで美しい桜なんかを見上げていると 「櫻の樹の下 […]

続きを読む

2019.03.29 鑑定人の日常

指紋はいつまで残っているのか?

長い冬も終わり、ようやく桜が咲く季節となりました。 この時期になると、気温が暖かくなり始め、植物達は新芽がいぶき、新生活を迎える人たちも多くなります。 人も自然も始まりの季節ですので、気分も一新させて、晴れやかな気持ちに […]

続きを読む

2019.03.19 事務員は“鑑た”(みた)

子どもの筆跡鑑定と指紋鑑定でおもうこと

こんにちは!村井文子です。   梅の蕾(つぼみ)もほころび、日に日に春めいてまいりましたね。   そんなわけで春を感じるべく、初めて水戸の偕楽園に行ってきました。     広大な梅 […]

続きを読む

2019.03.01 鑑定人の日常

最大の敵は“自分の心”

鑑定は、事実の判断をするのが仕事である。 鑑定結果は、予測できない発見に至ることもあり、油断ができない。 思考回路を常にニュートラルにして思い込みを排除していないと新事実に気が付かない。 どんな行動でも必ず指針となる根拠 […]

続きを読む

2019.02.22 鑑定人の日常

毎日使っているものなら、指紋がいっぱい付いているのか?

こんにちは! 気がつくと、2月も残すところわずかとなりました。 今年の冬を振り返ってみると、本社のある宇都宮では、1日ぐらいしか雪が降らなかったです。   宇都宮の雪事情は、毎年1回降るかどうか程度です。でも、 […]

続きを読む