狭山事件

1.狭山事件の発生

 狭山事件とは、埼玉県狭山市で起きた高校1年の女性徒を襲った誘拐殺人事件です。

1963(昭和38)年5月1日、この日の狭山地方は、午後2時ごろから小雨が降ったりやんだりして、午後4時半ごろから本降りの雨になっていた。彼女は、夕方頃に学校を出て、自転車で帰路についたが、夕方6時を過ぎても彼女が帰ってこなかったため、心配した家族は、学校や駅などを探し回った。しかし、彼女はどこにもいない。

捜索に行っていた彼女のお兄さんは、午後7時半ごろいったん帰宅し、食事をとっていた。すると、今しがた入ってきたばかりの玄関入り口のガラス戸に、白い封筒がはさみみ込まれているのを気がついた。それは、午後7時40分ごろだという。

兄さんが封を開けてみると、中から彼女の身分証明書と金を要求する脅迫状が出てきたので、父と兄は、すぐに娘が誘拐されたと判断して、直ちに駐在所に届け出た。下の写真は、実際の脅迫状の当時の写真です。

 

写真

2.犯人取り逃がし

 脅迫状には、「子供の命がほ知かったら五月2日の夜12時に、金二十万円女の人がもってさのヤの門のところにいろ」と書かれていた。犯人が身代金の受け渡し場所として指定した「さのヤ」とは、正式には「佐野屋」と書き、被害者方の西方1km余りのところにある、酒などを扱う雑貨店であった。

5月2日の深夜、11時50分過ぎ、被害者のお姉さんが、身代金に見せかけた包みを持って佐野屋の前に立ち、その周りを警察官40人ほどが息をひそめて張り込んでいた。

すると、犯人がお姉さんに声をかけてきた。しかし、警察官の姿を察知した犯人は暗闇に消えてしまった。張り込んでいた警察官は、笛を吹いて一斉に飛び出したが、犯人を取り逃がしてしまった。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

3.世論の批判

 その数日後、近所の雑木林で彼女は無残な姿で発見された。犯人を取り逃がした失態に加えて、彼女が無残な姿で発見されたことから、警察に対する世論の批判が沸騰し、国会で問題にされるまでになった。

国家公安委員長は、異例の記者会見を行い、「犯人は知能程度が低く、土地の事情に詳しい者であり、犯人逮捕はできる。」(5月5日埼玉新聞)と断定的な内容を発表している。

また、国家公安委員長は参議院本会議で事件の捜査報告を迫られ、同本会議までに、犯人を捕まえよ、と命じられ(5月7日埼玉新聞)、捜査本部のあせりの色はかくせなかった。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


4.必死の捜査活動と石川さんの逮捕

 一方、特別捜査本部は、機動隊、消防隊等総勢165人にもおよび、8日まで連日の聞き込み、遺留品、所持品捜索を行うなど徹底した捜査を展開した。

世論の非難が警察へ集中し、この事件の解決は、警察の威信と面目をかけたものとなった。しかし、必死の捜査にもかかわらず、事件は難航していった。

そのころ、近くに住む石川さんが容疑者として浮上した。それは、事件当日のアリバイがないうえに、幼い頃に学校へ通っていなかったので、文章を書けず、犯人像に該当したからでだった。そして、5月23日の早朝、石川さんは、寒さをしのぐため同僚の作業服を使用したまま窃盗したことで逮捕された。

窃盗の取調べが終わると、女子高生殺人事件の取調べが始まった。警察は、2回にわたるポリグラフ検査(うそ発見器)を使い、ニセ弁護士も登場させて殺しの自白を強要されたとのことである。しかし、石川さんは、窃盗の事実はすぐに認めたものの、女高生殺しは、「やっていない」と言い続けた。

そして、拘留期限が終わりに近づいた6月17日、捜査機関は石川さんを一度保釈して狭山署を出る直前に別の容疑で再逮捕するという手段をとった。これには、石川さんも相当なショックを受けたという。更に、再逮捕してからは、狭山署から川越署分室の特設留置所に移し、弁護人など外部の人との接触を一切断った上で、再度、取り調べが行われた。

そんな中、幹部の取調べ警視が「女高生殺しを認めれば、10年で出してやる。男の約束だ」と自白を迫ったのである。この言葉で石川さんは、「自分がやりました」と自白をした。そして、石川さんの自宅を家宅捜索したところ、3回目にして被害者から奪って隠していた万年筆が発見され、動かぬ物的証拠となった。

 

写真

             ※ 写真はイメージです。

 


5.裁判の経過

 石川さんが、逮捕されてから自白に至り、検察官に起訴されて、裁判が始まった。第一審の浦和地裁では、罪をそのまま認めていたので、わずか半年の審理で死刑判決が下された。

石川さんは、死刑判決の直後、拘置所で雑居房内の同居者から「この事件は国民注視の事件で、犯人なら死刑だから、すぐに弁護士に話して控訴したほうがいい」と言われ、警察が「10年で出してやる」と言ったことに疑いを持ち始めて直ちに東京高裁に控訴した。

第二審の第一回公判で、はじめて犯行を否認して無実を訴えた。「私は、女生徒を殺していません。このことは、弁護士さんにも話していません。」と証言して、容認事件から否認事件に変わっていった。

その後、東京高等裁判所は、第一審の死刑を破棄して無期懲役の判決を言い渡した。弁護団は、無罪判決を求めていたので、無期懲役を不服として、直ちに、最高裁に上告したが、上告を棄却され、事件から14年後に無期懲役が確定してしまった。この日を境に、石川さんと狭山事件弁護団は、長い再審請求の戦いに入っていった。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


6.再審請求

 無期懲役が確定して石川さんと狭山弁護団は、裁判所に再審請求を申請した。再審請求とは、確定した判決は間違っているから再度裁判をやり直してください、と言うものである。これに対し、確定前の裁判を「通常審」という。

1回目の再審請求は、最高裁判所の判決が確定してから直ちに申請をしたが、8年後の1985年に棄却された。

再度、弁護団は周到な準備をしてから、翌年第二次再審の申立てた。その最中、1994年石川さんは、仮釈放となり、実に31年7ヶ月ぶりに狭山に戻り、精力的に再審の活動をするようになっていった。

この第二次再審請求の時に当研究所に鑑定の依頼があり、指紋に関する鑑定書を提出したが、東京高等裁判所はまたも棄却した。その後、弁護団は、東京高等裁判所に不服として、直ちに東京高裁第五刑事部へ、異議申し立てをしたが、結果は変わらなかった。

そこで、弁護団は、2006(平成18)年5月23日第三次再審請求を申し立てた。そうしたところ、2009年6月25日に三者協議の開催が決定した。三者協議とは、裁判官、検察官、弁護団が再審をするかどうかの話し合いを進めることである。その年の9月10日に第1回の三者協議が開催された。以来、2014年1月で16回目を迎え、現在も継続的に行われています。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


7.鑑定依頼

 狭山弁護団から当研究所にはじめて依頼があったのは平成10年であった。始めは第1鑑定から始まり、現在では第7鑑定まで作成した。そのどれもが複雑な内容になり、専門的な知識がないと理解できないので、ここでは、皆様にも分かりやすい第6鑑定に絞ってご紹介をしてまいります。この第6鑑定とは、万年筆に関する鑑定です。

まず始めに、本件で万年筆はどのような証拠となったかというと、事件当日に石川さんが偶然に通りかかった帰宅途中の被害者を誘拐し、万年筆を奪って、封筒に「中田江さく」と宛名を書いた。「中田江さく」とは、被害者の父親の名前であり、被害者から名前を聞き出して、事件当日に書き込んだとされている。

その後、石川さんは万年筆を自宅に隠しておき、逮捕されてから、自宅を警察が捜索して、発見されている。なので、この万年筆は被害者と石川さんを結びつける重要な証拠となった。

次に、弁護団はこの万年筆は本当に被害者から奪ったものかどうかを調査したところ、重大な矛盾に気が付いた。事件当日に被害者は学校で日記を書いていた。その日記は問題の万年筆が使われており、インクの色はライトブルーであった。それに対して、封筒に書いてある「中田江さく」はブルーブラックであった。つまり、インクの色が違うので、被害者が持っていた万年筆で「中田江さく」は書かれていないという事になり、石川さんが被害者から万年筆を奪った事も疑わしくなってくる。

早速、弁護団は、この事実を書類にまとめて、裁判所に提出した。すると裁判所からこのような答えが返ってきた。「被害者が学校帰りに郵便局に立ち寄っていた事実があり、そこにはブルーブラックインクが備え付けられていて、誰でも自由に使うことができ、ここで被害者がブルーブラックインクを補充した可能性がないわけではないので、インクの色合いが異なっていても犯人ではないとは言えない」、と。

そこで、弁護団から当研究所にインクが補充されたかどうかを鑑定してほしいと依頼があった。また、弁護団は、本件の万年筆と同型品を探し出し、当研究所に提供してくれた。

 

写真

       ※ 石川さん宅から発見された万年筆の同型品。

 


8.万年筆の鑑定

 下にある写真は事件当時に撮影をした封筒の写真です。封筒はかなり汚れていて、古い感じがするが、事件当時にはこのような状態だった。また、封筒の両面には「中田江さく」と3箇所書かれているが、文字がかすれていることがわかる。

そこで、インクを補充した万年筆で「中田江さく」を書いた場合、かすれがでるかどうかを、実際に書いてみて実験をした。

始めに、封筒に書かれた3箇所の「中田江さく」の長さを計測したところ、合計で約67.1㎝であった。問題はインクを補充して67.1㎝の線を書いた場合、線がかすれるかどうかである。

まず、万年筆のコンバーター(インク吸い込み式カートリッジ)にインクを補充して、紙に書いてみると、当然にかすれることなく、どこまでも線を書く事が出来る。次に、万年筆のペン先をインクにちょこんと付けた場合は、どこまで書けるか実験したところ、平均で平均471.5㎝であった。

すると、インクを補充した場合は、文字の線をかすれることなく書けるという事が判明し、「中田江さく」はかすれているので、インクが補充されていない別の万年筆で書いたことが明らかとなった。

 

写真


9.裁判所の見解

 現在、狭山事件は第3次再審請求を審議中です。当研究所が行った万年筆の鑑定はこの第3次再審請求に含まれていますので、この鑑定に対する判断というのは、まだ出ておりません。

また、現在は裁判官・検察官・弁護士で三者協議が行われている最中であり、事件発生から50年が経過した今も狭山事件は動いております。

 

写真

         ※ 写真はイメージです。

 


関連する事例