布川事件

1.事件の概要

 布川事件とは、1967(昭和42)年8月30日に茨城県の布川町で発生した強盗殺人事件です。現場の状況は、8月30日の朝、男性が両足をタオルとワイシャツで緊縛され、口には、下着が押し込まれた上、首にも下着が巻き付けられて窒息死していた。

家の戸締まりは、勝手場がわずかに開いているだけであり、室内では、ガラス戸が倒れてガラス片が散乱し、死体があった床は、被害者との乱闘をうかがわせるように床板がへこんでいた。また、物色状況は、寝具、衣類などが散乱し、机の上も乱れ、引き出しが開け放しに物色されていた。さらに、被害者を解剖した結果、発生時間帯は、8月28日の午後7時から11時ごろとのことである。

その後、捜査機関によって指紋検出活動か行われた。犯行現場からは、被害者や被害者の家族の指紋は多く出てきたが、犯人の指紋は出てこなかった。

 

写真

※ 写真はイメージです。


2.桜井昌司さんと杉山卓男さんの逮捕

 事件から40日が過ぎた頃、警察の地取り捜査(区域を定めて情報等の聞き込みをすること)により、前科者、素行不良者、被害者から多額の借金をしていた者など約180名に対して捜査が行われたが、犯人の決め手がなかった。

そして、アリバイがなく、犯人の可能性が最後まで残った桜井昌司さん(当時20歳)と杉山卓男さん(当時21歳)に対し、捜査の焦点はむけられた。その後、別事件の窃盗と暴力行為の容疑で逮捕し、間もなく本件強盗殺人事件の取り調べを受けた。
2人は、強盗殺人につき無罪を主張していたが、事件当日に布川付近で両氏を目撃したという証言に基づいて起訴された。

写真

※ 写真はイメージです。


3.確定判決と証拠の内容

 1968(昭和43)年2月15日に水戸地裁土浦支部において第一審が開かれた。

自白調書によれば、両氏は、8月28日午後6時30分頃常磐線我孫子駅でたまたま出会った。成田線に乗って布川駅で下車、徒歩で栄橋まで来たところで、競輪の遊興資金捻出のために知り合いの被害者に金を借りうけることを相談した。

被害者の家に訪れて、2度にわたり被害者方を訪れ借金を申し込んだが、激しい言動で拒絶されたため、強盗を共謀して、午後9時ごろ被害者宅8畳間において両名で被害者を扼殺(やくさつ)(手で首を絞めて殺害すること)し、桜井さんが同室内の下段ロッカーから7,000円を、杉山さんが同室内押入れの中から現金10万円をそれぞれ強取した。

その後、誰か知らない人が入ったように偽装するために、2人で8畳間と4畳間のガラス戸を2枚とも外し(その際ガラスが数枚割れた)、午後9時53分布佐駅発の成田線に乗って、東京中野区に逃げ帰った、とされている。

また、公判中に2人の指紋が犯行現場にないことが新たな争点となった。しかし、裁判所の見解は、次のように示している。

「指紋、足跡等により犯人を特定することができないからといって、そのことだけで直ちに被告人らの犯行を否定するものではない」。

このようにして裁判所は弁護団の主張を退け、2人の自白の信用性を肯定し、有罪の判決を下した。弁護団は、この判決にも不服として東京高等裁判所を経て最高裁まで上告したが、いずれも棄却され、有罪が確定した。

写真

※ 写真はイメージです。


4.再審請求

 そして、布川事件は、日弁連人権擁護委員会の認定を受け、1983(昭和58)年12月23日に水戸地裁土浦支部に再審請求を申し立てたが、その請求は棄却された。その後、東京高等裁判所と最高裁判所においても特別抗告が棄却されて第一次再審請求は終了した。そこで、2人は、直ちに第二次再審請求の準備を開始した。

また、この頃2人は、29年間の服役の末、1996(平成8)年11月に相次いで仮釈放になった。この釈放を受けて2人は、精力的に再審請求活動を展開して行く。

写真

※ 写真はイメージです。


5.布川事件の指紋採取実験とその環境

 布川事件で2人は、素手で犯行しているのに現場から指紋が発見されなかった。弁護団は、ここに不自然さを感じて、警察庁OBの元指紋鑑定官に依頼して指紋の検出実験を大々的に行った。

指紋検出には、自然環境も重要な要素である。事件当日は、午前9時の気温27℃、最高気温31℃、最低気温24℃、平均気温27.5℃、24時間降雨量0㎜、雲量10割(全天雲)、天候くもりであった。さらに犯行現場にエアコンがないことを考えると室内は28℃から29℃前後はあったと思われた。この状況を基にして、弁護団が乱闘を伴った殺害行為を行い、その現場から指紋検出をすると11個もの指紋が検出された。

また、これらの実験は、警察庁OBの指紋鑑定人による指揮のもとに行われたが、その方が病気で亡くなってしまったために、裁判所からの証人尋問に受けられなくなってしまった。そこで、証人尋問が受けられるよう、当研究所に再鑑定の依頼があり、再度、実験を行うこととなった。

写真

※実際の実験写真


6.犯行方法と現場状況との矛盾

 裁判資料を読み進めるうちに、自白と現場の写真で矛盾があることに気が付いた。

自白によると机の上にあった財布の中を物色しているとあるが、現場の写真を見ると、財布の上に石鹸の箱や腕時計の空き箱などが4個載っていた。財布を物色しにもかかわらず、その上に石鹸などの箱を4個載せるのは不自然であるから、始めから財布を物色していなかったのではないかと気が付いた。

これらの事を鑑定書にまとめて、弁護団に提出した。

写真

※ 写真はイメージです。



7.再審開始請求の判断

 当研究所の鑑定書を提出し、2005(平成17)年9月21日水戸地裁土浦支部は、再審開始を決定した。その後、検察官は、水戸地裁土浦支部の再審開始決定を不服として東京高裁に即時抗告したが、東京高裁第4刑事部は、2008(平成20)年7月14日、検察官の即時抗告を棄却し、再審開始を維持した。

さらに、検察官は東京高等裁判所の決定に不服として、最高裁判所に特別抗告をした。しかし、2009(平成21)年12月14日、最高裁第2小法廷は、裁判官4名の全員一致で検察官の特別抗告を棄却し、即日再審開始が確定した。

写真

※ 写真はイメージです。

8.水戸地裁土浦支部の再審公判

 再審公判は、2010(平成22)年7月に水戸地裁土浦支部で始まった。そして、桜井さんと杉山さんと弁護団は、冤罪と44年間戦い、民注視の中、2011(平成23)年5月24日に無罪となった。

写真

※ 写真はイメージです。


関連する事例