ブログ

知ってました!?足にも指紋(足紋)があります

 

こんにちは!事務員、山田尚美です。どんどん寒さが増していきますね。布団やコタツから出たくない、そんな葛藤の毎日です。さて、今回の写真ですが、冬の訪れの一枚です。秋が終わり、うっすら雪景色が見えてきています。寒いのは嫌ですが、寒い日の澄んだ空気は気持ちがいいものです。

 

弊社ホームページでは、指紋についてご紹介しています。指紋は一人一人異なる紋様であるため、個人を特定する際に役立っていますが、さらに、すべり止めや温度感知、材質感知などの役割もあり、生活には欠かせないものとなっています。

 

そして、指紋の認知度よりはかなり低いと思いますし、私自身ほとんど気にも留めていなかったのですが、足にも足紋があり、指紋と同様の役割を果たしています。

 

もし、すべり止めや温度感知、材質感知などの役割がある足紋がなかったら、つるつる滑ってしまい、裸足で歩くことが出来なくなってしまいます。また、温度感知ができないと、例えば灼熱の砂浜の上では温度が分からないまま歩って火傷してしまいます。さらに、材質感知ができないとせっかく買ったふかふかの絨毯の感触が分からなくなってしまい、ほんの少し残念な気持ちになったりするかもしれません。

 

普段の生活を考えてみると、私は、自宅では、靴下があまり好きではないためほとんど履いていないのですが、足紋があるからこそ、素足でも過ごせるありがたさが身に沁みました。

 

足紋鑑定も個人を特定する際の方法としてご利用できます。弊社では指紋鑑定同様に足紋鑑定もおこなっておりますので、ご依頼やご相談などお気軽にお問い合わせください。

 

齋藤鑑識証明研究所

事務員 山田尚美