ブログ

指紋変造用のテープがある!?

こんにちは!事務員、山田尚美です。

広島で忘れてはならないのは、もう一つの世界遺産である「平和記念碑」ですよね。私も学生の頃に授業で習ったりテレビで映像を見たりと原爆のことを知っていたつもりでしたが、実際に目で見てみると思っていたのと全く違い、自分がどれだけ表面しか知らなかったのかを教えられました。

原爆が落とされるに至った経緯、原爆が落とされる前の平和な生活、落とされた後の悲惨さ、そして実際に被害にあった方々の体験談…。自然と涙がこぼれるくらいに強く強く感銘を受けました。

 

 

今回、平和記念資料館の本館は耐震工事のために残念ながら観覧することができなかったので、もう一度改めて伺ってもっとよく見たいと思いました。

現在、色々な国で入国の際に指紋認証が必要になっており、日本でも導入されています。数年前に日本で強制退去処分を受けた韓国人の女性がもう一度日本に入国するため、生体認証審査を擦り抜けようとして指紋を変造するテープを使い、さらにそのテープを製造、販売した男性らが逮捕される事件が起こりました。

もともと、この男性らは偽造旅券を販売するなどで不法入国を手助けしていたのですが、日本で生体認証審査が始まったのを機に指紋を変造するテープを売るようになりました。

テープは液状のシリコンなどを指に直接塗り、乾いた後に指から取り外す方法で作られていたそうです。このテープは13人の韓国人に販売され、うち7人がテープを指につける方法で不法入国をしたとみられています。

 

 

安全性を高めるために導入された生体認証審査なのにテープを貼るだけで突破できるなんて驚きました。こうやって入国禁止の人物が簡単に入国してしまうのは怖いですよね。でも、悪いことをしても必ず捕まってしまうので、いくら簡単でもこういった方法を使うものではありませんね。

齋藤鑑識証明研究所

事務員 山田尚美