ブログ

「民間の指紋鑑定は、警察の下請けですか?」

一般の方からの問い合わせの中に、「民間の指紋鑑定は、警察の下請けですか?」というのが時々聞かれます。
その度に、「いいえ、違います。我々は、一般の方が抱えるトラブルや嫌がらせを解決に導くところです。」と答えています。
ときには弁護士から「警察鑑定が正しいのかどうかを再鑑定してください。」といった類のご依頼もお受けしています。

また、このような質問をされた方は、「民間で指紋鑑定をしているところがあるとは思ってもみなかったことです。」と、びっくりされ、半信半疑で問い合わせをしている気持ちが伝わってきます。それだけ、指紋鑑定=警察の仕事という構図が社会一般の認識になっているのでしょう。

一方困っている方は警察にも相談をされていますが、警察から「事件性がない」とのことから事件受理をしてくれない、と嘆いていらっしゃいました。

このように、問い合わせをされる方は、それだけ真剣に指紋鑑定によりお困りの案件を解決したいという思いで相談してくるものですから、私たちも事情を細かくうかがって、期待に応えられるよう対応しております。何なりとご相談ください。

                          齋藤鑑識証明研究所
                         取締役会長 齋藤 保