2015.08.16 勝手に言わせてくれ

指紋から分かること:別人の証明ができる

指紋は、犯罪捜査のイメージが強いため、一致して犯人がわかったという事に注目されがちであるが、 指紋が合わない事も重要な情報として活用できます。

例えば、事件が発生して、自分に疑いがかけられた場合、現場に残された指紋と自分の指紋を照合して、一致しなければ、犯行を犯していないことの証明になります。 このように、むやみに疑われた時に、それを解消するのに役立ちます。