2015.08.25 勝手に言わせてくれ

拇印の効力について

指先に朱肉をつけて、指紋が残るよう押したものを「拇印」といいます。印鑑を持ち合わせていない時に、捺印の代用として行うことが多いですが、この拇印には本人を証明するものとして高い効力があります。

拇印の効力とは

不動産取引や売買契約を行う際、契約書には承認の証として署名や捺印を行います。しかし、捺印の代わりに拇印で作成した場合、契約書の効力はどうなるかご存じでしょうか。結論からいうと、拇印で作成した契約書は有効で、なんと実印に近い効力があるのです。

本来、不動産取引や売買契約を行う際、本人の同意がなければ契約は成り立ちませんし、本人の意思に基づく証明が残されていない場合は有効と認められません。一方、拇印が押されている場合は、本人の意思に基づいて押したものと認められます。信頼度が高まり、本人を証明するものとして契約書の効力も強くなります。

指紋鑑定の確実性

拇印は捺印とは異なり、その人の指紋があらわれます。拇印の力具合によっては形が微妙に異なることがあり、中には指紋がはっきりしていない方もいらっしゃいます。しかし、人間は1人1人違う指紋を持っています。年齢を重ねるにつれ、指紋が大きくなる方もいらっしゃいますが、模様が変化することはほぼありません。

契約書に指紋を残すことで、本人が間違いなく押したものだと確実性も高いです。さらに、他人に真似されやすい認印や銀行印と比較しても、拇印の果たす役割は大きいです。契約書に押された指紋の特定に困った時こそ、是非弊社にお問い合わせ下さい。