2018.03.05 事務員、山田です。

指紋の豆知識 その2 ~人間以外の動物も特定できる!?~

こんにちは!事務員、山田尚美です。3月になりました!3月といえばもう春のイメージです。早い場所では桜の開花も始まりますね。今年はどんな桜の風景が見られるのでしょうか?今から楽しみです。

今回の1枚ですが、とある道の駅で販売していた植物です。ここからも、春の足音が聞こえてきていますね。

 

前回のブログで犬や猫の鼻紋の記事を載せたのですが、今回はシマウマの登場です。

シマウマというと、ゼブラ模様が有名ですね。ゼブラ模様には、目の錯覚を利用したカモフラージュや、虫を寄せ付けないなど、いろいろな効果があるそうです。そして、なんといっても、シマウマの縞模様は1頭ごとにすべて違っているそうです。「万縞馬不同」と言えますね。この「万縞馬不同」の特性を生かして、シマウマは、群れの仲間たちを縞模様で見分けていると言われています。

 

 

実は、人間の指紋とシマウマの縞模様の識別方法は一緒です。まだまだ指紋鑑定の見習中ではありますが、私にもシマウマの識別はできます。なんとなく、シマウマの縞模様が指紋の紋様に似ていませんか?

 

人間の指紋には本来、物をつかみやすくしたり、触ったものを感知する役割があります。そして研究が始まり、「万人不同」の特徴を生かした個人の特定にたどり着きました。シマウマの縞模様も野生で生きるための役割があり、そして研究の後に個体識別に役立っています。指紋や、動物の紋様はいろいろな役割をこなしていて、なかなかの働き者ですね。

 

齋藤鑑識証明研究所

事務員 山田尚美