2018.02.19 事務員、山田です。

指紋の豆知識 その1 ~人間以外の動物も特定できる!?~

 

こんにちは!事務員、山田尚美です。平昌オリンピックはメダルラッシュですね!歴代冬季五輪最多メダル数は1998年の長野五輪の10個になるそうです。この勢いで最多数をどんどん更新してほしいです。さて、今回の写真ですが、大阪の道頓堀にあるグリコの看板です。オリンピックになると私はなぜか、このグリコのテレマークを思い出します。日の丸を背負った選手に見えてしまうからなのですが、実際、数名のスポーツ選手がモデルになっているそうですよ。

 

私が指紋鑑定の仕事を始めてから、指紋が身近になりました。刑事ドラマなどでは、ついつい鑑識に目がいってしまします。そんな中で、ふと疑問に思う事が出てくることがあります。

 

例えば、人間は指紋で個人の特定をすることができます。それでは、人間以外の動物の場合はどうでしょうか?人間に一番身近な動物といえば、犬や猫を想像する方が多いと思います。そんな犬や猫には「鼻紋」という鼻の頭にある紋様で個体の識別ができるそうです。人間の指紋と同じように「万人不同」で、同じ紋様は無いそうです。「万犬不同」「万猫不同」と言えますね。もしかしたら近い将来には、指紋認証ならぬ鼻紋認証が鍵の役割を果たし、犬や猫が家の中に入る事ができるかもしれません。犬や猫が鼻を認証機に当ててドアが開くシーンを想像すると・・・・かわいいですね。

 

このように、ちょっとした疑問点を豆知識としてご紹介していけたらと思います。

 

齋藤鑑識証明研究所

事務員 山田尚美