2018.08.05 事務員、山田です。

フィンガープリントペインティング

こんにちは!事務員 山田尚美です。

先週末は台風で雨が降りましたが、その前のお天気のせいでダムの貯水量が少なくなっているとのニュースを読みました。確かに、夏の風物詩でもある夕立もほとんど起こらず、毎日からっからの晴天続きだったので、これで水不足にならないほうが不思議です。

取水制限にはまだなっていないものの、このまま雨が降らないと時間の問題かもしれません。そうなる前に、少しでも節水を心がけていかなければいけませんね。

 

とはいえ、熱中症の心配もあるため、水分摂取を欠かすことはできません。水を出しっぱなしにしない、節水アイテムを活用してみるといった簡単なことから始めてみようかなと思います。

皆さんは「フィンガープリントペインティング」をご存知でしょうか?フィンガープリントペインティングとは、指紋を使って描く絵のことを言います。

簡単な物では、拇印を押すような感じで好きな色で紙に指紋を押し、そこに目や耳などを書き足して動物にしてみたり、2つの指紋でハートを描いてみたりと1個~数個の指紋で描くことができます。上の写真もフィンガープリントペインティングで作成されています。小鳥、とても可愛いですよね。必要な道具が少なく(紙とペン、スタンプ台か絵の具のみ)小さな子どもでも簡単にできるので、今のように暑くて外出を控えたい日などに楽しく過ごすことが出来そうですね。

本格的な物では、3年ほど前に世界最大のフィンガープリントペインティングに挑戦するという企画で、ギネス世界記録に認定された絵が話題となりました。これはたくさんの人の指紋で1つの絵を描くもので、169平方メートルの絵を完成させるために13,311名もの人が参加したとのことです。

 

 

世界でたった一つの自分の指紋で描いた絵、素敵な思い出になりそうですね。

齋藤鑑識証明研究所

事務員 山田尚美