2017.11.27 事務員、山田です。

テレビドラマで印象に残った指紋がありました

 

こんにちは!事務員、山田尚美です。2017年も残すところあと1ヶ月弱となりました。年の始めに「今年こそは・・・・」と思っていたことが未だに出来ずに年を越しそうです。「今年こそは・・・・」から「来年こそは・・・・」と毎年同じ事の繰り返しのような気がします。さて、今回の写真ですが一昨日に行った、山梨県にある昇仙峡ロープウェイ山頂からの富士山の写真です。天気に恵まれ雄大で美しい1枚が撮れました。やはり富士山は日本一の山ですね。

 

弊社ホームページでは、指紋の種類についてご紹介しています。指紋には渦状紋・蹄状紋・弓状紋・変体紋の4種類があり、指紋は必ずこの4種類の中のどれかの形をしています。そのうち、変体紋は突然変異として現れる、特殊な紋様であり、日本の1%にもみたない大変珍しい指紋で、指紋鑑定に長年携わってきた鑑定人もいまだに見たことがないそうです。

 

そこで、私は数十年前に見た江戸川乱歩原作のドラマを思い出しました。そのドラマには「三重渦状紋(さんじゅうかじょうもん)」という、ひとつの指紋の中に三つの渦が巻かれているという指紋が出てきました。非常に珍しい指紋だったのと、当時はまだ幼かったせいもあったのか、すごく怖いドラマという印象で覚えていました。

 

本当にそんな指紋が実在するのか、鑑定人に聞いたところ「三重渦状紋という指紋はないけど、変体紋としてはありえなくはない」との事でした。もし実在したら・・・・、普段の生活に何か支障はあるのか?指紋鑑定の対象になったらすぐに特定されてしまうかな?スマートフォンなどで使われている指紋認証ではちゃんと登録や認証ができるのか?など、いろいろ考えてしまいました。

 

そして、今回の掲載にあたって、インターネットでそのドラマを検索したところ、「三重渦状紋」は原作上の架空の指紋とのことでした。今回は架空で終わってしまいましたが、変体紋を見る機会ができたらその指紋はどんな紋様なのかとても興味がわきました。

 

最後に、万一の可能性を信じて試しに家族の指紋を見たのですが、やっぱり変体紋以外の一般的な指紋でした。・・・・・・残念!