2019.03.19 事務員は“鑑た”(みた)

子どもの筆跡鑑定と指紋鑑定でおもうこと

こんにちは!村井文子です。

 

梅の蕾(つぼみ)もほころび、日に日に春めいてまいりましたね。

 

そんなわけで春を感じるべく、初めて水戸の偕楽園に行ってきました。

 

 

広大な梅林を散策したあとは、のんびり電車を眺め、お抹茶や和菓子に舌鼓。

 

だんだんと、花より団子のお花見に(汗)

 

 

ところで梅の花の香りって、どうしてこんなにも素晴らしいのでしょう・・!

 

何と言ったら良いのか、頭の上に花が咲きそうな、そんなイメージ。

 

おかげさまで、週末リフレッシュできました。

 

 

さて、春といえば、出会いと別れの季節ですね。

 

お子さんがいるご家庭は、何かとバタバタする時期ですし

 

なにより

「進級・進学などによる、子ども自身の環境の変化を心配している」

といった親御さんもいらっしゃるかと思います。

 

弊社では

そういった、学校に通うお子さま同士のトラブルといった案件も現在まで

複数件ご依頼がございました。

 

コンプライアンスに抵触しない範囲内で例をお伝えすると、

 

嫌がらせや誹謗中傷の手紙からの「筆跡鑑定」により、加害児童を特定した案件

そして

いじめを受けた際の証拠資料からの「指紋鑑定」等がありました。

 

ご依頼者は、事案を解決したいけれど、

 

学校がなかなか動いてくれない

先方と話し合いすらできない

話しができても水かけ論で、前に進まない

 

そんなとき、何かしらの証拠があれば、

事案が解決する糸口にもなります。

 

私も、同じ子どもを持つ親として

いじめや嫌がらせでお困りの親御さんや

心を痛めているお子さんのために、少しでもお力になりたいと考えています。

 

まずは、お気軽にご相談ください。

 

kengo@kanshiki.com

 

 

 

 

齋藤鑑識証明研究所

事務員 村井文子